• ホーム
  • 大原敬子
  • 未婚の母を決断 婚約後彼の両親の態度が一変 だんまりを決め込む彼

未婚の母を決断 婚約後彼の両親の態度が一変 だんまりを決め込む彼

大原敬子

はっきりしない彼

いつも大原先生の熱く、真摯に答えられたアドバイスをお聞きし、こちらも胸が熱くなっています。

 

実は私、未婚の母になることを決めました。
24歳です。
考えに考えた末の決断なので、これが最善の答えだと思っています。

なぜそう決めたのか。

 

相手の両親と、私の両親との間で、トラブルが起きてしまいました。
最初はとても上手くいっていて、付き合って半年でしたが、婚約をしました。

が、子供ができたことを報告しに行った日から、向こうの両親の態度が一変。
「うちの息子を騙して、はぐらかした」と言われて、激怒されました。

 

ついこの間まで応援してくれていたのに、何が何だかわかりません。
子供ができたことを全く喜んではくれませんでした。

間に入っていた彼、36歳は、だんまりを決め込んでいるだけ。
頼りにできません。その間にも子供はどんどんお腹の中で成長していきます。

 

ここまで書いていて、状況としては悲惨なのですが、なぜか私は母になれることに穏やかな喜びを感じずには居られません。
中絶するなんて選択肢はありません

でもこれから母と娘、どうやって生活していこうか?
そこに不安がないと言えば嘘になります。

 

子供にとっての父、彼ともこれからも一緒にいるのかも、彼からの答えもはっきり聞けずにいます。
なので私に喝を入れてください。

大原先生の熱いメッセージをいただき、頑張りたいです。
よろしくお願いします。

 

2018年9月19日放送のSBC信越放送の『らじカン』(毎週月-金 14:05-18:15)の水曜日のコーナー『大原敬子先生のお悩み相談』、テレフォン人生相談でお馴染みの、幼児教育研究の大原敬子先生のお悩み相談。

YouTubeで続きを聴く

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください