• ホーム
  • 大原敬子
  • 強い嫁から強い不倫相手へ、43歳息子の女からの電話は心臓が止まりそう

強い嫁から強い不倫相手へ、43歳息子の女からの電話は心臓が止まりそう

大原敬子
強い嫁から強い不倫相手へ、43歳息子の女からの電話は心臓が止まりそう

息子の女からの電話は心臓が止まりそう

今日の相談は、ふがいない母さんからでございます。
43歳の息子の離婚のことで相談します。

 

息子は東京の学生時代に、3歳年上の女性と、軽音楽仲間ということで知り合い、結婚しました。

 

妊娠中、新居への引っ越しの忙しさが災いしたのか、孫娘は、頭と足に、障害を持って、今年二十歳になりますが、自立できていません。

 

そのせいもあり、10年前、一家で東京から長野へ引っ越してきました。
隣町に引っ越してきたので、一緒には住んでいません。

 

そんな娘が鎹(かすがい)にもらったのか、仲良く暮らしていたはずなのに、つい半年前、離婚したいと言い出し、もう、好きな相手もいるというのです。

娘の親権は自分がもちたいと言います。

 

寝耳に水の話でしたが、息子に聞くと、現在の奥さんのパワハラが原因で、言葉による暴力に耐えられなくなったとのことでした。

聞くと、息子はこちらに越してきてから、なかなか仕事も手につかず、生活力のないことを、ことあるごとになじられ続けてきたそうなのです。

 

そんな話を、今、付き合っている女性に話したら、いたく同情され、その相談にのってもらっているうちに、付き合い始めたようです。

その女性は、やはり3歳ほど年上で、未婚で産んだ小6の娘がいます。
仕事はコンサルタント業で、しっかり自立した女性とのことです。

 

大人同士のことなので、当人たち同士で、きちんとさせておきたいのですが、耐えられないのは、その新しい女性から、家にたびたび電話がかかってきて、さんざん、今の嫁の悪口を言い、わたしにも、「そんな人を許しているのですか?」とか、「もっと彼を大事にしてください」だとか、喧嘩腰で言いがかりをつけてきます。

 

まだ、会ったことも無い人に、こんな罵詈雑言を浴びせられるなんて、生まれてこのかた、初めての経験ですし、心臓が止まりそうです。
わたしは心臓の持病があります。

 

主人に話すと、主人は絶対、電話には出てくれません。
当然、嫁にも、頻繁に同じような電話がかかってきて、嫁も腹を括ったようです。

 

この間は夜なのに、今からすぐに挨拶に行きたいと言い出しましたが、さすがにそれは断わりました。

こんな強い女性と会う勇気は、わたしにはありません。

 

息子はもう既に、向こうの娘と女と三人で暮らしており、事実上、嫁とは別居状態です。

ここのところ、1週間に2、3回、夕方頃に電話がかかってくるので、毎日、いつかかってくるか、気が気ではありません。

 

息子はもう、この女性に頼りっきりというか、洗脳されてしまっているのかもしれません。

この間は、コンビニの中で、何が気にさわったのか、息子の頭を叩いてきて、息子は大人しくしていたそうです。

 

大人の息子のことなので、わたしが口出すことはないのですが、この女性からの電話に、どう対応すればいいのでしょうか?

 

2019年6月19日放送のSBC信越放送の『らじカン』(毎週月-金 14:05-18:15)の水曜日のコーナー『大原敬子先生のお悩み相談』、テレフォン人生相談でお馴染みの、幼児教育研究の大原敬子先生のお悩み相談。

YouTubeで続きを聴く

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください