• ホーム
  • 大原敬子
  • 帰り際の上司の仕事の頼みを断るのが苦手、上手な駆け引きは?

帰り際の上司の仕事の頼みを断るのが苦手、上手な駆け引きは?

大原敬子

断わるのが苦手

ラジオネーム、仕事は好きなのにさん、40代の女性の方です。

 

私は何かにつけて、断るのがても苦手な性格です。
ズバリ、仕事量に対して「できない」ということが言えないのです。

 

その日の1日の仕事の終わりの目途が立って、パソコンを閉じようとした瞬間、上司の「ちょっと5分いい?」攻撃が始まります。

 

「 5分いい?」は、絶対5分では終わりません。
そうわかっていても答えてしまうのです。

 

これは多分、高校時代のクラブ活動の経験から、自分より年上の人に対しては、絶対服従が染み付いているからだと思います。

 

この悩みを人に話したとき、「出世欲があるから、断った後どう思われるのか?が、心配になるからだよ」と言われたことがあるんですが、私にはいまいちピンときません。

他の理由かもしれません。
大原先生上手な断り方ぜひ教えてください。

 

2018年11月14日放送のSBC信越放送の『らじカン』(毎週月-金 14:05-18:15)の水曜日のコーナー『大原敬子先生のお悩み相談』、テレフォン人生相談でお馴染みの、幼児教育研究の大原敬子先生のお悩み相談。

YouTubeで続きを聴く

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください