• ホーム
  • 大原敬子
  • 小学2年生の娘がイジメを受け不登校、保健室登校を続けています。

小学2年生の娘がイジメを受け不登校、保健室登校を続けています。

大原敬子
小学2年生の娘がイジメを受け不登校、保健室登校を続けています。

学校の対応に不信感

ラジオネーム、レモンさんの相談です。
宮城県で起きた、イジメ母子心中事件ですが、他人事とは思えません。
事件の概要は次の通りです。

 

小学2年生への長女へのイジメを苦に、母親が2人で無理心中したとみられる事件。

 

学校のちぐはぐな対応が、イジメ収束の機会を逃し、不用意な行為が家族の不信感も招いた経緯が、父親の証言から浮かびます。

 

父親によると、両親は昨年の5月に、長女が同級生2人からイジメを受けたことを知り学校に相談、担任教諭は、同級生保護者に連絡せず、子供同士の握手で仲直りをさせたら、収束しなかったと言います。

 

その後も校長室登校を続ける長女に、校長が教室に行くように促しましたが、これが裏目に出たと言います。

 

父親は、「長女は我慢をして教室へ行き、体調をさらに崩した」と指摘、学校の不振がピークに達したのが昨年8月の同級生の親との話し合い。

 

両親が同級生への質問項目を書いたメモを、校長が無断で相手方に渡したことがわかったのです。

 

口頭で謝罪を受けたが、情報管理ができておらず、信用ができなくなったと父親は振り返っています。

 

長女は8月に「死にたいよ」と手紙に書くほど、塞ぎ込むようになっていきました。

 

父親は母子で家にいる日が多くなった2人はだれも頼れず、追い詰められてしまったと。

これが事件の概略です。

 

私の娘も現在小2、イジメを受け、不登校になり、今保健室登校を続けています。

 

学校の担任の先生が、私や娘の言う発言をすぐにもらしてしまい、この事件とそっくりで、このままだと私たちも自殺したいほど悩んでいます。

 

転校も考えています。

先生、学校や担任との相性が悪い、不信感を感じたら転校すべきですか?
夫の仕事のこともあるので簡単ではありませんが、このままズルズルと今の学校にいていいものかどうか悩んでいます。

 

2019年2月20日放送のSBC信越放送の『らじカン』(毎週月-金 14:05-18:15)の水曜日のコーナー『大原敬子先生のお悩み相談』、テレフォン人生相談でお馴染みの、幼児教育研究の大原敬子先生のお悩み相談。

YouTubeで続きを聴く

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください